FX

【だまし回避】FXでダブルトップ形成の大衆心理と正しい手法紹介!

【だまし回避】FXでダブルトップ形成の大衆心理
悩み人
悩み人
FXでダブルトップをつける時の大衆心理を教えて欲しい!毎回だましに遭って損切りになっちゃう・・・。

こちらの疑問を解決させます。

当ページの内容
  • FXのダブルトップの大衆心理は?
  • ダブルトップのダマシを回避する方法は?
  • FXのダブルトップで勝つための正しい手法は?

FXのエントリーポイントは様々ですが、ダブルトップを形成したところを狙ってエントリーをする方も多いかと思います。

しかしだましに遭い損切り・・・なんてこともよくあることです。

では、FXでダブルトップを形成した時の大衆心理はどのようなものなのでしょうか。

承太郎
承太郎
ダブルトップを形成された時に世界中のトレーダーは何を考えているのか気になるね!

そこでダブルトップを形成した時の大衆心理とだましを回避する方法、そしてダブルトップをうまく使った正しい手法について紹介していきます。

FXのダブルトップの大衆心理は?

FXのダブルトップの大衆心理

そもそもFXでダブルトップを形成した時に世界中のトレーダーは何を考えているのでしょうか。

この大衆心理を理解するとダブルトップを形成された時にどのようにエントリーをしたらいいのか何となく判断することができるような気がしますね。

結論、ダブルトップの大衆心理は時間足によって変わってくるのです。

1時間足レベルでダブルトップを形成しネックラインを割ったところでエントリーだ!と思い売りを入れてもネックラインのすぐ下に日足で意識されている水平線があれば上昇していきます。

というように、どの足でダブルトップを形成しているのかによって大衆心理が変わってきてしまいます。

つまり、ダブルトップを形成したからといって必ずしも売りでエントリーをすれば勝てるというわけではありません。

時間足によってエントリーでできるダブルトップとそうでないダブルトップがあるということだね!

日足1時間足でダブルトップを見てみよう

日足1時間足でダブルトップを見てみよう1

1時間足

こちらの画像を見ると1時間足ではダブルトップを形成していますので、ネックラインを割ったところで売りを仕掛けることができると考えるかもしれません。

しかしこの1時間足ではネックラインを割ってすぐに上昇していきました。

これは僕が作成した図ですがFXチャートでもこのようなことが普通に起こります。

では、なぜ1時間足でダブルトップを形成したのに下降せず上昇したのかと言うと、日足で見ると上昇トレンドの調整波だったからです。

日足1時間足でダブルトップを見てみよう2

日足

このように日足で見ると完全に上昇トレンドになっていますので、1時間足レベルで見るとダブルトップを形成し売りでエントリーをしたら利益が出ると思いきや、すぐに日足の上昇トレンドに飲み込まれてしまいます。

FXをやっていると環境認識がとても大事だと言われますが、これが理由です。

1時間足でダブルトップなどのチャートパターンを形成したからといって、参考書やYouTubeで解説している内容、ブログで書かれている内容のような王道のチャートパターン通りのようにダブルトップを形成したら売り!ということにはならないのです。

日足で上昇トレンドの調整波を狙うのであればいいのですが、チャートにもよりますが1時間足でダブルトップを形成したからといって、日足の上昇トレンドの餌食になってしまう可能性があります。

これがいわゆる、FX界で注意しなければならない「だまし」なのです。

ダブルトップのダマシを回避する方法は?

ダブルトップのダマシを回避する方法

ここまで読んでくださった方なら何となくピンッときたかもしれません。

基本的にだましだましと言われていますが、これはだましではありません。

1時間足で形成されたダブルトップのネックライン割れで売りのエントリーをしたらすぐに逆行して損切りになってしまった・・・と言うのを、だましだと言われる方がいますが、これは日足の調整波なのでだましではありません。

つまりだましを回避したいのであれば、上位足の環境認識をしっかり行うことがとても重要なのです。

1時間足でダブルトップを形成したとしても、日足や週足で意識されている水平線がすぐ近くにあれば、そこまで下がるかもしれませんが利益はそこまで望めません。

個人的な考え方なのですが、FXのエントリーはボールを投げるのと似ている気がします。

狭いところでボールを投げる障害物にあたって思うように距離が出ませんが、広い草原でぼウールを投げると距離が出ますよね。

こんな感じで上位足である日足や週足レベルで意識されている水平線がない方向にダブルトップなどのチャートパターンが形成された箇所でエントリーをすると利益を伸ばしやすくなります。

もう一度結論を言うと、ダブルトップのだましを回避したいなら、ダブルトップを見つけたその時間足よりも上位足ではどのようにチャートが動いているのか?を把握する必要があります。

先ほど解説したように1時間足でダブルトップを形成したからといってすぐにエントリーをするのではありません。

日足では上昇トレンドではエリオット波動の2波目の調整で3波目に上昇する準備期間の可能性がありますね。

ダブルトップだけではなく、王道のチャートパターンがFXのチャートで形成されていたとしても一度引で上位足を見て、どのようなチャートになっているのかを確認してください。

確かに1時間足でダブルトップを形成していたら一時的には下がるかもしれません。

しかし下がるといっても10pipsや15pipsなど、そこまで利益が伸びない場合があります。

それはだましではなく、上位足の調整波と言う可能性が高いのです。

FXのダブルトップで勝つための正しい手法は?

FXのダブルトップで勝つための正しい手法

最後にFXのダブルトップで利益を上げるにはどのような手法を使えばいいのでしょうか?

悩み人
悩み人
ダブルトップのネックライン割れじゃないの?
承太郎
承太郎
これは半分正解で半分間違いだね!

ダブルトップのネックライン割れでエントリーをするのが一般的だと言うのは間違いではないのですが、仮に1時間足のネックライン割れでエントリーをした場合、若干エントリータイミングが遅い場合があります。

高値が二回抑えられている状態から時間が経っていることが、1時間足だと予想できるのでそこまでいいエントリーポイントだとは言えません。

これが5分足や15分足ならいいのですが、1時間足や4時間足の中時間足だと遅い場合があるので、そこまで利益を伸ばせない可能性が高くなります。

FXのダブルトップで勝つための正しい手法

こちらの1時間足の大きな波の中で下位足の中でもダブルトップや反転サインのチャートパターンが形成されている場合、エントリーをすることができます。

少し大きい図で見るとこんな感じです。

FXのダブルトップで勝つための正しい手法5
承太郎
承太郎
つまりダブルトップの中にダブルトップが形成されている状態ということだね!
FXのダブルトップで勝つための正しい手法2

1時間足ではネックラインを割っていないので、ネックラインで上昇してくる可能性も十分に考えられます。

しかし1時間足のダブルトップの中の5分足でのダブルトップのネックライン割れで売りを仕掛けた場合、1時間足のネックラインで反発されても微益で撤退することができるので、だましや損切りに遭う可能性は低くなります。

1時間足でどのようなダブルトップを形成するかにもよりますが、ネックラインまで利益を取れれば十分な可能性もあるので、リスクリワード的にいいトレードができる場合があります。

さらに1時間足のダブルトップのネックラインを割ってくれれば最高ですね。

1時間足のダブルトップのネックラインあたりで静観して、どっちの方向にチャートが動くの観察する必要があるね!