FX

【FX必須】フィボナッチリトレースメントの勝てる数値は?使い方と設定方法!

フィボナッチリトレースメントの勝てる数値は?使い方と設定方法
悩み人
悩み人
フィボナッチリトレースメントの正しい数値を教えて!

こちらの質問の答えをまとめていきます。

当ページの内容
  • フィボナッチリトレースメントの正しい数値
  • フィボナッチリトレースメントを使ったFX手法

FXをやる上でフィボナッチリトレースメントは必須になります。

承太郎
承太郎
正しい数値と使い方をマスターして利益を上げていこう!

では、フィボナッチリトレースメントの正しい数値や使い方について紹介していきます。

フィボナッチリトレースメントの正しい数値は?

フィボナッチリトレースメントの正しい数値

フィボナッチリトレースメントを使う際に実際にラインを引いてみると、

  • 0%
  • 23.6%
  • 38.2%
  • 50%
  • 61.8%
  • 76.4%
  • 100%

これらの数値がありますね。

これだけ数値があると、どのラインで反発をするのか、どのラインを見てトレードのシナリオを立てれば良いのかわかりません。

さらにこれだけの数値があると、チャートがごちゃごちゃしてしまいます。

フィボナッチリトレースメントの正しい数値
悩み人
悩み人
ラインが多すぎてよくわからない!

一般的にはフィボナッチリトレースメントの数値はこれだけありますが、FXで勝てるようになるには、

フィボナッチリトレースメントの正しい数値2
  • 0%
  • 38.2%
  • 61.8%
  • 100%

こちらの4つさえ設定していれば問題ありません。

悩み人
悩み人
数値は4つでいいのは分かったけど、こんなに少なくても大丈夫なの?
承太郎
承太郎
フィボナッチリトレースメントは何のために使うのか?がわかると数値が0%、38.2%、61.8%、100%だけで問題ない理由が見えてくるよ!

フィボナッチリトレースメントの使い方

そもそもフィボナッチリトレースメントはどのように使えば良いのでしょうか?

フィボナッチリトレースメントはダウ理論によるトレンドが発生している時に、戻り目と押し目がどこまで来るのかの目安として使う方が多いです。

フィボナッチリトレースメントの使い方

このようにフィボナッチリトレースメントを引いてみると、61.8%のところで反発をしエリオット波動の第3波をつけています。

こんな感じでフィボナッチリトレースメントはトレンドが発生している時にも使うことができますが、ロールリバーサルの手法の際にもフィボナッチリトレースメントを使うことができるのです。

承太郎
承太郎
僕が行なっている移動平均線のロールリバーサルについてはこちらの「【FX手法】移動平均線(MA)のロールリバーサルの勝率は高くて有効か?ダウ理論の転換点を狙うと稼げる?」をチェックしてください!
フィボナッチリトレースメントの使い方2

このように意識されている75日移動平均線をブレイクした第1波にフィボナッチリトレースメントを引いてみると、38.2%から61.8%の間で反発しています。

先ほどのトレンド中の第1波にフィボナッチリトレースメントを引くと、どの辺りまで戻して反発をするのかの目安になりました。

しかし2枚目の画像の移動平均線のロールリバーサルだとフィボナッチリトレースメントの38.2%でも61.8%でも反発していません。

その間で推移し反発しています。

僕がメインの手法として使っている移動平均線のロールリバーサルは38.2%でも61.8%の間の中でエントリーの根拠となるものが複数重なることを重視しています。

僕だったらこのタイミングで売りを仕掛けますし、使い方としては正しいはずです。

フィボナッチリトレースメントで見つけたエントリーの根拠

フィボナッチリトレースメントの使い方3

AUDCAD 4時間足

先ほどの画像に色々書き加えてみました。

上昇トレンドだったチャートが高値安値切り下げを起こし、意識されていた75日移動平均線をブレイクしました。

このブレイクした波動がエリオット波動の第1波となり、第2波の調整波を待ち、第3波を捉えるトレードです。

そこで大事になるのがフィボナッチリトレースメントなのですが、38.2%から61.8%の間で反発しています。

この38.2%から61.8%の間に意識されている75日移動平均線がレジスタンスされて反発される、つまり売りの根拠があります。

さらに細かい時間足を見てみましょう。

フィボナッチリトレースメントの使い方4

AUDCAD 15分足

15分足で見てみると、4時間足で引いたフィボナッチリトレースメントの38.2%から61.8%の間でもエントリーの根拠が見られますね。

意識されていた200日移動平均線をブレイクし、第3波を捉えるエントリーをすることができますね。

このようにフィボナッチリトレースメントの38.2%から61.8%の間にエントリーできる根拠が複数重なった場合にエントリーをすることができます。

フィボナッチリトレースメントの38.2%と61.8%で反発を起こす可能性は高いですが、反発の根拠としてフィボナッチリトレースメントを使うのはちょっと怖い気がしますね。

FXはフィボナッチリトレースメントを使うと勝てるのか?

FXはフィボナッチリトレースメントを使うと勝てるのか

先ほどのフィボナッチリトレースメントを使ったFX手法を見ると勝てそうな気がしますが、必ず根拠が見つかるとは限りません。

しかしフィボナッチリトレースメントを使うことによって勝率を上げることは可能だと思います。

安易にフィボナッチリトレースメントのラインで反発をすると信じてエントリーをするのはかなり危険です。

フィボナッチリトレースメントはここら辺で反発する可能性が高いと言うものなので、反発する可能性が高い箇所で反発する根拠を複数見つけることに意味があるのです。

無人島で宝探しをする時に、ここら辺に宝が埋まっているという情報があった方が探しやすいです。

と言う感じでフィボナッチリトレースメントを使います。

承太郎
承太郎
フィボナッチリトレースメントはダウジングのようなものだと思っていただけるといいかも!

チャートを見ただけではどこで反発する可能性が高いのかわかりません。

しかしフィボナッチリトレースメントを使うことによってエリオット波動の第3波をつける箇所が何となくわかるのです。

当ページでは4時間足と15分足でフィボナッチリトレースメントの使い方を解説しましたが、1分足と5分足でも同じように根拠を見つけてあげると、さらに勝率が上がるかと思います。

フィボナッチリトレースメントの使い方まとめ

FXで稼ぐなら必須のフィボナッチリトレースメントの使い方についてまとめてみました。

フィボナッチリトレースメントは数値は38.2%から61.8%で設定し、その間で反発する根拠を探るために引くものだと思っていただいても構いません。