FX

【1分完結】MT4で移動平均線の設定方法と出し方まとめ!表示されない方必見!

MT4で移動平均線の設定方法と出し方
悩み人
悩み人
MT4で移動平均線の出し方や設定はどうすればいいの?

こちらの疑問を解決します。

当ページの内容
  • MT4で移動平均線を表示させることができる
  • スマホのMT4でも移動平均線を表示できる

色の変え方や太くする方法、時間ごとに表示非表示させるやり方も合わせて紹介していきます。

では、MT4で移動平均線を表示させましょう。

承太郎
承太郎
クリック、またはタップで見やすくなるよ!

MT4で移動平均線の出し方は?

MT4で移動平均線の出し方

結論を先に言うと、「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Moving Average」の順番にクリックをしてください。

MT4で移動平均線の出し方2

すると、移動平均線の設定画面が出てくるので「期間」に任意の数値を入れてください。

仮に200と入れて「OK」をクリックをするとチャートに200日移動平均線が表示されましたね。

数値を50にすると50日移動平均線が表示されますし、3000と入れると3000日移動平均線が表示されます。

悩み人
悩み人
3000日移動平均線なんて使うの?

そう思われるかもしれませんが、15分足の200日移動平均線が意識されていて、1分足でローソク足の細かい動きを見てエントリーしたい場合は、

200日移動平均線 × 15 =3000日移動平均線

と言う感じで、1分足で3000日移動平均線を表示されると、15分足の200日移動平均線が1分足で確認することができます。

僕はこの方法はよく使っており、30分足の75日移動平均線を1分足で確認したい場合は、

75日移動平均線 × 30 =3000日移動平均線 = 2250日移動平均線

承太郎
承太郎
こんな感じで他の時間足の移動平均線を表示させることができます。

MT4の移動平均線の設定の変更のやり方は?

MT4で移動平均線の出し方

先ほどの「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Moving Average」で移動平均線を表示されることができますが、数値を変更したい場合が出てくると思います。

その場合は移動平均線をダブルクリックしてあげると設定画面が表示されるので、数値を変更してあげてください。

ちなみに移動平均線は

  • 短期 25
  • 中期 75
  • 長期 200

この数値で僕は設定をしています。

人によっては短期を10、中期を50、長期を100と設定している方もいるので、数値は人によって違います。

しかし海外のトレードは75と200を使っている方が多いようなので、多くの人が使っているものを使いましょう。

承太郎
承太郎
多くの人が使っているものを使う理由は多くの人が見ているので意識されやすくなるので、相場分析をするとしっかりハマる場合があるよ。

仮に83日移動平均線に設定しても世界で使っている方がいないと表示させる意味がありません。

世界中の人が見ているから意味があるので、多くの人が使っているものを使うようにしまいましょう。

MT4の移動平均線の種別は何が良いの?

MT4の移動平均の種別は何が良いの

MT4では移動平均線の種類は4つあり、

  1. Simple
  2. Exponential
  3. smoothed
  4. Linear Weighted

こちらの4種類になります。

それぞれ、

  1. 単純移動平均(Simple)
  2. 指数移動平均(Exponential)
  3. 平滑化移動平均(smoothed)
  4. 線形加重移動平均(Linear Weighted)

このようになります。

移動平均線の種類の選び方も世界中の人が使っているものを選びましょう。

この中だと

  • 単純移動平均(Simple)
  • 指数移動平均(Exponential)

この2つが多くの人に使われています。

それぞれSMAとEMAと言われる移動平均線なのですが、僕はSMAを使っています

承太郎
承太郎
個人的な考えですが、SMAもEMAもあまり変わらない気がします。

MT4の適用価格は何が良いの?

MT4の適用価格は何が良いの

こちらの設定は始値、終値、高値、安値のどの平均を表示させるかと言うものなのですが、基本的にはClose(終値)を出している方が多いです。

承太郎
承太郎
なので適用価格はCloseに設定しましょう。

移動平均線の太さやカラーの設定は?

MT4で移動平均線の出し方2

スタイルでは移動平均線の色や太さを変更させることができます。

これは完全に好みなので自分好みに変更してみましょう。

承太郎
承太郎
ちなみに僕は200日移動平均線だけ一段階太く設定して見やすくしています。

移動平均線を出したら「default」で簡単設定!

承太郎
承太郎
おそらく一つの通貨ペアだけでトレードするわけではないと思うので定型チャートとして保存しておきましょう。

例えばドル円で

  • 短期 25
  • 中期 75
  • 長期 200

と設定したら、他のポンド円とユーロ円でも同じように移動平均線を設定するのはめんどくさいですよね。

移動平均線を出したら「default」で簡単設定

ですが、保存するとかなり便利なので、移動平均線を設定した通貨ペアのチャートで「右クリック」→「定型チャート」→「定型として保存」をクリックし、ファイル名を「default.tpl」に設定して保存してください。

移動平均線を出したら「default」で簡単設定2

次に他のまだ移動平均線を設定していないチャートを表示させて「右クリック」→「default」をクリックすると同じように移動平均線を表示させることができます。

これはトレンドラインやチャネル、水平線の太さや色も保存されるので、先に一つのチャートで全部設定してから定型として保存し、他のチャートに反映させるようにしてみてください。

スマホでMT4の移動平均線を表示させるには?

最後にスマホでMT4の移動平均線の出し方を紹介します。

チャート画面の上の「f」をタップしてください。

スマホでMT4の移動平均線を表示

メインウィンドウをタップしてください。

僕はすでに移動平均線が表示されているのでMoving Averageが3つあります。

ちなみにMA25、MA75、MA200です。

スマホでMT4の移動平均線を表示2

Moving Averageをタップしてください。

スマホでMT4の移動平均線を表示3

こちらは人によって設定が変わってくるので、僕が設定画面を紹介します。

スマホでMT4の移動平均線を表示4
  • 期間:200
  • シフト:0
  • メソッド:Simple
  • 適用先:Close
  • レベル:0
  • スタイル:赤

このように設定します。

シフトはマイナス値にすると左に移動平均線が動き、プラスにすると右に動きます。

特に動かす必要はありませんので0で問題ありません。

レベルはマイナス値にすると下に動き、プラス値にすると上に動きます。

100にすると10pips分上に動き、マイナス100だと下に10pips動きます。

これらも0で問題ありません。

  • シフト 横
  • レベル 縦

です。

最後に完了をタップすれば完了です。

https://toyshoblog.com/ma-roll-reversal/